アクセスカウンタ   |お買い物情報| |ダイエット| 今日の天気| |美容| |お買い物情報ptopメール掲示板結婚式場プロフイールリンクサイトマップ 
皆様お元気ですか?冠婚葬祭は人生の大きな出来事です。どうぞお立ち寄り下さい。

p

おつき合いの中で、スピーチを依頼されたり挨拶をすることがありますね。
このページでは、 結婚披露宴での新郎の挨拶や、新郎新婦の親族代表の挨拶(謝辞)。
主賓や来賓、 友人からの祝福のスピーチ(祝辞) について、
マナーや挨拶文の文例・ 例文をわかりやすく紹介しています。

 

 

p

結婚式・披露宴の男性の服装

披露宴の服装
男性 披露宴の服装マナー(男性の服装)
季節 フォーマル系の会場の披露宴
(男性・男)
OKの服装 ◆黒スーツ+ネクタイ。
ネクタイの色は白、シルバー、シルバーストライプ、白×ブラックストライプ、ゴールド×シルバーストライプなど。
靴下は黒。靴は黒の皮革製。格式の高い式場で、タキシードを着用して夜の披露宴に出席するのなら黒エナメルの靴も可。

◆結婚式からそのまま流れる披露宴の時には、礼服、準礼服のまま出席。挙式とは別 に披露宴に華やかさを出したい場合には、会場の格式に合えば、ポケットチーフでアクセントをつけるなど、ある程度華やかな雰囲気を出しても可。

※略礼服の場合は、ダークスーツ+ネクタイ。
NGの服装 ◆主役の新郎よりも目立つような派手なカラータキシードなどはNG。あくまでも主役よりは控えめに。白い靴下は不可。
新郎よりも目立ってしまうようなら、和服も不可。
OKの服装 ◆スーツ+ネクタイ。
ネクタイの色は白、シルバー、シルバーストライプ、白×ブラックストライプ、ゴールド×シルバーストライプなど。
靴下は黒。靴は黒の皮革製。格式の高い式場で、タキシードを着用して夜の披露宴に出席するのなら黒エナメルの靴も可。

◆結婚式からそのまま流れる披露宴の時には、礼服、準礼服のまま出席。挙式とは別 に披露宴に華やかさを出したい場合には、会場の格式に合えば、ポケットチーフでアクセントをつけるなど、ある程度華やかな雰囲気を出しても可。
※略礼服の場合は、ダークスーツ+ネクタイ。
NGの服装 ◆主役の新郎よりも目立つような派手なカラータキシードなどはNG。あくまでも主役よりは控えめに。
カジュアルすぎる服は不可。白い靴下は不可。サンダル履きは不可。
新郎よりも目立ってしまうようなら、和服も不可。
OKの服装 ◆黒スーツ+ネクタイ。 ネクタイの色は白、シルバー、シルバーストライプ、白×ブラックストライプ、ゴールド×シルバーストライプなど。
会場の格式にふさわしい上着+フォーマルベスト着用も可
靴下は黒。靴は黒の皮革製。格式の高い式場で、タキシードを着用して夜の披露宴に出席するのなら黒エナメルの靴も可。

◆結婚式からそのまま流れる披露宴の時には、礼服、準礼服のまま出席。
◆結婚式からそのまま流れる披露宴の時には、礼服、準礼服のまま出席。挙式とは別 に披露宴に華やかさを出したい場合には、会場の格式に合えば、ポケットチーフでアクセントをつけるなど、ある程度華やかな雰囲気を出しても可。若い人を中心にタキシード、アスコットタイを着用する人も増えているようです。
NGの服装 主役の新郎よりも目立つような派手なカラータキシードなどはNG。あくまでも主役よりは控えめに。
カジュアルすぎる服は不可。 メッシュ素材は不可。
新郎よりも目立ってしまうようなら、和服も不可。
OKの服装 ◆黒スーツ+ネクタイ。 ネクタイの色は白、シルバー、シルバーストライプ、白×ブラックストライプ、ゴールド×シルバーストライプなど。
会場の格式にふさわしい上着+フォーマルベスト着用も可
靴下は黒。靴は黒の皮革製。格式の高い式場で、タキシードを着用して夜の披露宴に出席するのなら黒エナメルの靴も可。

◆結婚式からそのまま流れる披露宴の時には、礼服、準礼服のまま出席。挙式とは別 に披露宴に華やかさを出したい場合には、会場の格式に合えば、ポケットチーフでアクセントをつけるなど、ある程度華やかな雰囲気を出しても可。若い人を中心にタキシード、アスコットタイを着用する人も増えているようです。
NGの服装 主役の新郎よりも目立つような派手なカラータキシードなどはNG。あくまでも主役よりは控えめに。会場内や式場内でのコートやダウンなどの着用はもちろんNG。 カジュアルすぎる服も不可。
新郎よりも目立ってしまうようなら、和服も不可。

二次会の男性の服装

二次会の出席者(ゲスト、幹事)服装
男性の二次会の服装マナー(男性の服装)
季節 フォーマル系の会場の二次会
(男性・男)
カジュアル系の会場の二次会
(男性・男)
OKの服装 ◆スーツ+ネクタイ。
ネクタイの色は白でなくてもOK
◆披露宴からそのまま流れる二次会の時には、礼服、準礼服のままでも構わないのですが、ポケットチーフを華やかなものにするなど気分を変える工夫をすると良いでしょう。
OKの服装 ◆基本的には上着(ジャケット)着用。ネクタイは無くてもOK
OKの服装 ◆スーツ+ネクタイ。
ネクタイの色は白でなくてもOK
◆披露宴からそのまま流れる二次会の時には、礼服、準礼服のままでも構わないのですが、ポケットチーフを華やかなものにするなど気分を変える工夫をすると良いでしょう。
OKの服装 基本的には上着(ジャケット)着用。ネクタイは無くてもOK
OKの服装 ◆スーツ+ネクタイ。
ネクタイの色は白でなくてもOK。
会場の格式にふさわしい上着+ベスト着用も可
◆披露宴からそのまま流れる二次会の時には、礼服、準礼服のままでも構わないのですが、ポケットチーフを華やかなものにするなど気分を変える工夫をすると良いでしょう。
OKの服装 基本的には上着(ジャケット)着用。ネクタイは無くてもOK。薄手のタートルネックにジャケットなどもOK。
OKの服装 ◆スーツ+ネクタイ。
ネクタイの色は白でなくてもOK。
会場の格式にふさわしい上着+ベスト着用も可
◆披露宴からそのまま流れる二次会の時には、礼服、準礼服のままでも構わないのですが、ポケットチーフを華やかなものにするなど気分を変える工夫をすると良いでしょう。
OKの服装 基本的には上着(ジャケット)着用。ネクタイは無くてもOK。薄手のタートルネックにジャケットなどもOK。

結婚式・披露宴の女性の服装

披露宴の服装
女性 披露宴の服装マナー(女性の服装)
季節 フォーマル系の会場の披露宴
(女性・男)
OKの服装 フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。和服なら振袖、訪問着も可。
NGの服装 新婦の色である白い色の服はNG。肌の露出の多いものもダメです。素足やサンダル、ミュールは不可。つま先の開いた靴も不可です。黒いドレスの場合にはストッキングは黒は避けます。
OKの服装 フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。礼服を着用している男性に合わせてクーラーが効きすぎた会場・式場が多いので薄手でもショール、ボレロなどの肩にかけられるものを用意すると安心です。和服なら振袖、訪問着も良いでしょう。ただし暑苦しい印象にならないように注意してください。
NGの服装 新婦の色である白い色の服はNG。肌の露出の多いものもダメです。素足やサンダル、ミュールは不可。つま先の開いた靴も不可です。黒いドレスの場合にはストッキングは黒は避けます。
OKの服装 フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。和服なら振袖、訪問着も可。
NGの服装 新婦の色である白い色の服はNG。肌の露出の多いものもダメです。素足やサンダル、ミュールは不可。つま先の開いた靴も不可です。
黒いドレスの場合にはストッキングは黒は避けます。
OKの服装 フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。和服なら振袖、訪問着も可。
NGの服装 新婦の色である白い色の服はNG。肌の露出の多いものもダメです。素足やサンダル、ミュールは不可。つま先の開いた靴も不可です。 黒いドレスの場合にはストッキングは黒は避けます。
会場内では、コートや防寒着の着用はNG。また、ファーのついたボレロや羽織りものなどもよほどくだけた式でないかぎり基本的にはマナー違反です。
p
髪型、ヘアアレンジ、アクセサリー 髪型をアップにするとフォーマルな印象になります。また、巻き髪にしてお嬢様ヘアにするヘアスタイルも人気です。
平凡な髪型でも、アクセサリーをつけたり、ムース、ジェル、ディップなどで毛先に変化をつけるだけで、華やかな印象になります。
ネックレスやチョーカーをヘアアクセサリと合わせるのも素敵です。

披露宴に出席する場合、アクセサリーやコサージュなどを全く使わないと地味な印象になるので、適度に使った方がよいと思います。中でもパール(真珠)は清楚でフォーマルな印象を与えます。

披露宴でのサングラスの使用は親族、友人、同僚とも基本的にNGです。

二次会の女性の服装

二次会の出席者(ゲスト、幹事)服装
女性の二次会の服装マナー(女性の服装)
白い色は花嫁の色なので、二次会でもゲストの女性が着用するのは遠慮しましょう。
季節 フォーマル系の会場の二次会
(女性・女)
カジュアル系の会場の二次会
(女性・女)
OKの服装 フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。披露宴からそのまま流れる場合には振袖、訪問着も可。 OKの服装 ワンピース、スーツなど。
できればブラウス+スカートだけよりもジャケット(あるいはカーディガン、ボレロ等)がある方がベター。
OKの服装 フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。披露宴からそのまま流れる場合には振袖、訪問着も可。 OKの服装 ワンピース、スーツなど。
できればブラウス+スカートだけよりもジャケット(あるいはカーディガン、ボレロ等)がある方がベター。
OKの服装 フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。披露宴からそのまま流れる場合には振袖、訪問着も可。 OKの服装 ワンピース、スーツなど。
できればブラウス+スカートだけよりもジャケット(あるいはカーディガン、ボレロ等)がある方がベター。
OKの服装 フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。披露宴からそのまま流れる場合には振袖、訪問着も可。
季節柄、ボレロなども可。披露宴では毛皮は不可です。二次会でも毛皮はできれば避けた方が無難かもしれません。
OKの服装 ワンピース、スーツなど。
できればブラウス+スカートだけよりもジャケット(あるいはカーディガン、ボレロ等)がある方がベター。季節柄、ファーを使ったボレロなども可(毛皮は披露宴では不可です。二次会では許される範囲でしょう。)

親族の服装

結婚式の親族の服装
祖父母
新郎新婦の祖父(男性・男)
・祖父の服装は両親よりもやや控えめとなります。父親が正装なら、祖父は正装または準礼装です。
一般的には黒のスーツに、白、グレー、白×銀のストライプ、白×黒のストライプのネクタイなどの準礼装が多いようです。
新郎新婦の祖母(女性・女)
・祖母の服装は両親よりもやや控えめとなります。母親が正装なら、祖母は正装または準礼装です。
新郎新婦のおじおば
新郎新婦の伯父、叔父(男性・男)
・叔父・伯父の服装は両親よりもやや控えめとなります。父親が正装なら、伯父・叔父は正装または準礼装です。
一般的には黒のスーツに、白、グレー、白×銀のストライプ、白×黒のストライプのネクタイなどの準礼装が多いようです。
新郎新婦の伯母、叔母(女性・女)
・叔母・伯母の服装は両親よりもやや控えめとなります。母親が正装なら、伯母・叔母は正装または準礼装です。
新郎新婦のいとこ・その他の親族
新郎新婦のいとこ・その他の親族(男性・男)
・ 一般的には黒のスーツに、白、グレー、白×銀のストライプ、白×黒のストライプのネクタイなどの準礼装が多いようです。
新郎新婦のいとこ・その他の親族(女性・女)
・ 一般的にはドレス、フォーマルドレス、スーツなどの準礼装が多いようです。未婚の女性の場合は振袖(正礼装)を着ることもあります。

結婚式・披露宴の服装

披露宴の服装
男性 披露宴の服装マナー(男性の服装)
季節 フォーマル系の会場の披露宴 (男性・男)
OKの服装 NGの服装
◆黒スーツ+ネクタイ。
ネクタイの色は白、シルバー、シルバーストライプ、白×ブラックストライプ、ゴールド×シルバーストライプなど。
靴下は黒。靴は黒の皮革製。格式の高い式場で、タキシードを着用して夜の披露宴に出席するのなら黒エナメルの靴も可。

◆結婚式からそのまま流れる披露宴の時には、礼服、準礼服のまま出席。挙式とは別に披露宴に華やかさを出したい場合には、会場の格式に合えば、ポケットチーフでアクセントをつけるなど、ある程度華やかな雰囲気を出しても可。

※略礼服の場合は、ダークスーツ+ネクタイ。
◆主役の新郎よりも目立つような派手なカラータキシードなどはNG。あくまでも主役よりは控えめに。白い靴下は不可。
OKの服装 NGの服装
◆スーツ+ネクタイ。
ネクタイの色は白、シルバー、シルバーストライプ、白×ブラックストライプ、ゴールド×シルバーストライプなど。
靴下は黒。靴は黒の皮革製。格式の高い式場で、タキシードを着用して夜の披露宴に出席するのなら黒エナメルの靴も可。

◆結婚式からそのまま流れる披露宴の時には、礼服、準礼服のまま出席。挙式とは別に披露宴に華やかさを出したい場合には、会場の格式に合えば、ポケットチーフでアクセントをつけるなど、ある程度華やかな雰囲気を出しても可。
※略礼服の場合は、ダークスーツ+ネクタイ。
◆主役の新郎よりも目立つような派手なカラータキシードなどはNG。あくまでも主役よりは控えめに。
カジュアルすぎる服は不可。白い靴下は不可。サンダル履きは不可。
OKの服装 NGの服装
◆黒スーツ+ネクタイ。 ネクタイの色は白、シルバー、シルバーストライプ、白×ブラックストライプ、ゴールド×シルバーストライプなど。
会場の格式にふさわしい上着+フォーマルベスト着用も可
靴下は黒。靴は黒の皮革製。格式の高い式場で、タキシードを着用して夜の披露宴に出席するのなら黒エナメルの靴も可。

◆結婚式からそのまま流れる披露宴の時には、礼服、準礼服のまま出席。
◆結婚式からそのまま流れる披露宴の時には、礼服、準礼服のまま出席。挙式とは別に披露宴に華やかさを出したい場合には、会場の格式に合えば、ポケットチーフでアクセントをつけるなど、ある程度華やかな雰囲気を出しても可。若い人を中心にタキシード、アスコットタイを着用する人も増えているようです。
主役の新郎よりも目立つような派手なカラータキシードなどはNG。あくまでも主役よりは控えめに。
カジュアルすぎる服は不可。 メッシュ素材は不可。
OKの服装 NGの服装
◆黒スーツ+ネクタイ。 ネクタイの色は白、シルバー、シルバーストライプ、白×ブラックストライプ、ゴールド×シルバーストライプなど。
会場の格式にふさわしい上着+フォーマルベスト着用も可
靴下は黒。靴は黒の皮革製。格式の高い式場で、タキシードを着用して夜の披露宴に出席するのなら黒エナメルの靴も可。

◆結婚式からそのまま流れる披露宴の時には、礼服、準礼服のまま出席。挙式とは別に披露宴に華やかさを出したい場合には、会場の格式に合えば、ポケットチーフでアクセントをつけるなど、ある程度華やかな雰囲気を出しても可。若い人を中心にタキシード、アスコットタイを着用する人も増えているようです。
主役の新郎よりも目立つような派手なカラータキシードなどはNG。あくまでも主役よりは控えめに。会場内や式場内でのコートやダウンなどの着用はもちろんNG。 カジュアルすぎる服も不可。

 

披露宴の服装(つづき)
女性 披露宴の服装マナー(女性の服装)
季節 フォーマル系の会場の披露宴 (女性・男)
OKの服装 NGの服装
フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。和服なら振袖、訪問着も可。 新婦の色である白い色の服はNG。肌の露出の多いものもダメです。素足やサンダル、ミュールは不可。つま先の開いた靴も不可です。黒いドレスの場合にはストッキングは黒は避けます。
OKの服装 NGの服装
フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。礼服を着用している男性に合わせてクーラーが効きすぎた会場・式場が多いので薄手でもショール、ボレロなどの肩にかけられるものを用意すると安心です。和服なら振袖、訪問着も良いでしょう。ただし暑苦しい印象にならないように注意してください。 新婦の色である白い色の服はNG。肌の露出の多いものもダメです。素足やサンダル、ミュールは不可。つま先の開いた靴も不可です。黒いドレスの場合にはストッキングは黒は避けます。
OKの服装 NGの服装
フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。和服なら振袖、訪問着も可。 新婦の色である白い色の服はNG。肌の露出の多いものもダメです。素足やサンダル、ミュールは不可。つま先の開いた靴も不可です。
黒いドレスの場合にはストッキングは黒は避けます。
OKの服装 NGの服装
フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。和服なら振袖、訪問着も可。 新婦の色である白い色の服はNG。肌の露出の多いものもダメです。素足やサンダル、ミュールは不可。つま先の開いた靴も不可です。 黒いドレスの場合にはストッキングは黒は避けます。
会場内では、コートや防寒着の着用はNG。また、ファーのついたボレロや羽織りものなどもよほどくだけた式でないかぎり基本的にはマナー違反です。

結婚祝いお返し(ランキング)

結婚祝いのお返し ランキング(人気ランキング)
調査年度 平成19年 サンプル数 159名 調査対象の性別 女性 
結婚時の年齢20代64.8%,30代以上35.2%
順位 結婚祝いのお返し品
(複数回答)
回答者のコメントより抜粋
1 カタログギフト ・引出物もカタログギフトにしたので、お招きできなかった方にもカタログギフトでお返しをした。
・頂いた金額に応じていくつかのランクのカタログギフトを使い分けました。
2 グルメカタログ ・自分がもらった時に嬉しかったので。
・相手の好みがわからなかったので、助かりました。
3 食品、果物、スイーツ ・お米が縁起が良いと聞きこだわりのお米を贈りました。
・地元の特産物を詰め合わせにして贈りました。
4 食器 ・ホームパーティーなどに使いやすい大皿を贈りました。
番外 ホテルの食事券 ・ご夫婦で愉しんでいただけるように先方の近くのホテルで使える食事券を贈りました。
お酒 ・お酒がお好きな方なので、迷わずお酒に決めました。
ハンカチ ・職場の人たちからお祝いを頂いたので、お返しには実用品をと思い、ハンカチを選びました。女性たちにはお揃いのデザインのものを渡し、結構好評でした。ハンカチを見ると思い出すそうです。
高級タオル ・タオルは定番ですが、こだわりの高級タオルをチョイスしました。自分が使ってみてすごく良いと思ったので。

1位 カタログギフトミストラル(レッドクローバー)

 

●内容/カタログ:280頁、掲載点数:約505点●化粧箱/23×19.5×2cm〈2894C/T1〉

2位 グルメカタログ美味工房 SGコース

 

●内容/美味工房 SGコース(総ページ数/120ページ、掲載点数/約145点)

3位 丸大食品煌彩ハムギフト

 

4位 たち吉 はるか 小鉢

 

番外1村重 純米オリジナル ラベル(720ml×2)

 

番外2チャップス紳士ハンカチ(1P)

 

番外3今治タオルタオルセット ブラウン

 

 

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

p

一周忌法要の挨拶

1.一周忌の法要の開始を知らせる施主の挨拶
  ・最初に施主がごく簡単に挨拶をします。

[施主挨拶の例]
「本日はお忙しい中をお集まり頂きましてありがとうございます。それではこれより○○○○(戒名)の一周忌の法要を始めさせて頂きます。
(僧侶の方を向いて) それではよろしくお願いします。」
などです。

施主の挨拶で、 ○○○○の部分は戒名を告げるのが本来の作法なのですが、(個人的には)ご自宅で内輪の法要をされる場合、戒名ではなく故人の氏名の方が心にしっくりくるのであればそれでも良いのでは無いかと思います。もし心配でしたらお寺に確認してみてください。
2.僧侶による読経と焼香がおわり、一周忌法要は終了します。
会食の案内をする際の施主の挨拶
  施主の挨拶のあと、会食(御斎)になります。施主が行う一周忌法要挨拶を、下記にて紹介しています。

[施主の挨拶の例]
「本日はお忙しい中をお集り頂きましてありがとうございました。おかげさまで母の一周忌の法要も無事終えることができ、母も安心していることと思います。
これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
粗宴ではございますが、別室にてお膳をご用意いたしました。お時間の許す限り、どうぞごゆっくりなさっていってください。本日はまことにありがとうございました。
3.僧侶にお礼としてお布施などを渡す時の施主の挨拶とマナー
  [お布施について]
・法要が終わり、僧侶が帰られる際にはお礼としてお布施をお渡しします。
(※) 僧侶が会食を辞退されたら、お車代、御膳料も一緒にお渡しします。
(※)僧侶が会食に同席して下さる場合には、会食の後に締めくくりとして施主の挨拶を済ませてから「お布施」「お車代」をお渡しします)。

・ お布施は直接手渡すのではなく、小さなお盆に載せて用意します。お盆は、切手盆などが体裁が良いのですが無ければ小さなお盆に載せ、文字の正面を僧侶の方に向けて差し出します。

[僧侶にお布施をお渡しするときの、一言挨拶の例]
例)僧侶が会食を辞退してお帰りになる場合
「本日は、お心のこもったおつとめをして頂きましてありがとうございました。些少ではございますが、これはお礼でございます。どうぞお納め下さい。どうか今後とも宜しくお願い申し上げます。」

例)僧侶も会食に同席された場合)
「本日は、お心のこもったお勤めをして頂きましてありがとうございました。またお忙しい中を最後までお付き合い頂きありがとうございました。些少ではございますが、これはお礼でございます。どうぞお納め下さい。どうか今後とも宜しくお願い申し上げます。」など。
4.一周忌法要と会食がすべて終了するときの施主の挨拶
  ・会食が一段落したら、会の終わりを知らせます。

[会食(お齋)がお開きになるときの、一言挨拶の例]
「本日はお忙しい中を最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。そろそろお時間となりましたので、これにてお開きとさせて頂きたいと存じます。
これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
ささやかではございますが、お手元にお礼の品をご用意いたしました。お荷物になってしまい恐縮でございますが、どうぞお忘れ物の無いようにお気を付けてお帰り下さいませ。本日はまことにありがとうございました。

 

一周忌法要の流れ

1.席を準備する
  ・仏壇の前に僧侶の席を用意しておきます。

・仏壇中央の僧侶のすぐ後ろには施主が座ります。

・遺族は故人との血縁の濃い人が仏壇に近い席(前の方の席)に着席します。
・一般参列者は遺族の後方に席をとります。 到着した人から遺族の後ろに詰めて着席していただくとスムーズに案内できます。
2.僧侶を仏壇の前に案内する
  ・僧侶が到着したら、仏壇前の正面中央に案内します。
3.施主の挨拶 (一周忌の挨拶)
  ・最初に施主がごく簡単に挨拶をします。

[施主挨拶の例]
「本日はお忙しい中をお集まり頂きましてありがとうございます。それではこれより○○○○(戒名)の一周忌の法要を始めさせて頂きます。
(僧侶の方を向いて) それではよろしくお願いします。」
などです。

施主の挨拶で、 ○○○○の部分は戒名を告げるのが本来の作法なのですが、(個人的には)ご自宅で内輪の法要をされる場合、戒名ではなく故人の氏名の方が心にしっくりくるのであればそれでも良いのでは無いかと思います。
もしご心配でしたらお寺に確認してみてください。
4.読経
  僧侶による読経が始まります。
5.焼香
  読経が始まってひと呼吸した頃から施主から順番に、焼香をします。
前の方に着席している人から焼香をしていきます。
6.法話
  読経が終わると、和尚様による法話があります。
7.僧侶退場
  法話が終わると法要のほうも一段落です。
会食が無い場合は僧侶はこれでお帰りになります。

僧侶にはお礼をお渡ししなくてはなりませんが、僧侶が法要のあとのお食事(お齋=おとき)に同席して下さる場合には、この時点での退場はありません。お斎の後でお礼をお渡しします。

もし、僧侶がお斎での接待を辞退されたら、お布施、お車代、御膳料の3つを包みます。
お食事に同席される場合は、お布施、お車代の2つをお渡しします。

直接手渡しするのではなく、小さなお盆に載せて僧侶の方に向けて差し出します。
[お布施について]
・法要が終わり、僧侶が帰られる際にはお礼としてお布施をお渡しします。
(※)僧侶が会食を辞退されたら、お車代、御膳料も一緒にお渡しします。
(※)僧侶が会食に同席して下さる場合には、会食の後に締めくくりとして施主の挨拶を済ませてから「お布施」「お車代」をお渡しします)。

・ お布施は直接手渡すのではなく、小さなお盆に載せて用意します。お盆は、切手盆などが体裁が良いのですが無ければ小さなお盆に載せ、文字の正面を僧侶の方に向けて差し出します。

[僧侶にお布施をお渡しするときの、一言挨拶の例]
例)僧侶が会食を辞退してお帰りになる場合
「本日は、お心のこもったおつとめをして頂きましてありがとうございました。些少ではございますが、これはお礼でございます。どうぞお納め下さい。どうか今後とも宜しくお願い申し上げます。」

例)僧侶も会食に同席された場合)
「本日は、お心のこもったお勤めをして頂きましてありがとうございました。またお忙しい中を最後までお付き合い頂きありがとうございました。些少ではございますが、これはお礼でございます。どうぞお納め下さい。どうか今後とも宜しくお願い申し上げます。」など。
8.施主の挨拶 (一周忌挨拶)
  施主の挨拶のあと、会食(御斎)になります。施主が行う一周忌法要挨拶を、下記にて紹介しています。

[施主の挨拶の例]
「本日はお忙しい中をお集り頂きましてありがとうございました。おかげさまで母の一周忌の法要も無事終えることができ、母も安心していることと思います。
これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
粗宴ではございますが、別室にてお膳をご用意いたしました。お時間の許す限り、どうぞごゆっくりなさっていってください。本日はまことにありがとうございました。

年忌法要とは?

年忌法要早見表・一覧表
一周忌 (いっしゅうき) 亡くなってから満1年目の命日
三回忌 (さんかいき) 満2年目の命日
七回忌 (ななかいき) 満6年目の命日
十三回忌 (じゅうさんかいき) 満12年目の命日
十七回忌 (じゅうななかいき) 満16年目の命日
二十三回忌 (にじゅうさんかいき) 満22年目の命日
二十七回忌 (にじゅうななかいき) 満26年目の命日
三十三回忌(さんじゅうさんかいき) 満32年目の命日
三十七回忌(さんじゅうななかいき) 満36年目の命日
五十回忌(ごじっかいき)
または遠忌(えんき・おんき)
満49年目の命日
※これ以降は年忌法要ではなく遠忌法要となります。

年忌法要の挨拶

年忌法要の挨拶 文例・例文 (一周忌、三回忌、七回忌など)
法事・法要の挨拶の一般的な例をご紹介いたします。法要で施主となる際に、参考になさってください。
項目  挨拶のマナー、文例など
1.法要の開始を知らせる施主の挨拶
  ・最初に施主がごく簡単に挨拶をします。

[施主挨拶の例]
本日はお忙しい中をお集まり頂きましてありがとうございます。それではこれより「亡き父 □□□」(または{戒名}□□□)の、◯回忌の法要を始めさせて頂きます。
(僧侶の方を向いて) それではよろしくお願いします。
などです。

施主の挨拶で、□□□の部分は戒名を告げるのが本来の作法なのですが、(個人的には)ご自宅でご遺族やご親族のみで法要をされる場合には特に戒名ではなく故人の氏名の方が心にしっくりくるのであればそれでも良いと思います。もしご心配でしたらお寺に確認してみてください。
2.僧侶による読経と焼香がおわり、年忌法要は終了します。
会食の案内をする際の施主の挨拶
  施主の挨拶のあと、会食(御斎)になります。施主が行う年忌法要挨拶を、下記にて紹介しています。

[施主の挨拶の例]
本日はお忙しい中をお集り頂きましてありがとうございました。おかげさまで母の◯回忌の法要も無事終えることができ、母も安心していることと思います。
これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
ささやかではございますが、別室にて粗宴をご用意いたしました。お時間の許す限り、どうぞごゆっくりなさっていってください。本日はまことにありがとうございました。
3.僧侶にお礼としてお布施などを渡す時の施主の挨拶とマナー
  [お布施について]
・法要が終わり、僧侶が帰られる際にはお礼としてお布施をお渡しします。
(※) 僧侶が会食を辞退されたら、お車代、御膳料も一緒にお渡しします。
(※)僧侶が会食に同席して下さる場合には、会食の後に締めくくりとして施主の挨拶を済ませてから「お布施」「お車代」をお渡しします)。

・ お布施は直接手渡すのではなく、小さなお盆に載せて用意します。お盆は、切手盆などが体裁が良いのですが無ければ小さなお盆に載せ、文字の正面を僧侶の方に向けて差し出します。

[僧侶にお布施をお渡しするときの、一言挨拶の例]
例)僧侶が会食を辞退してお帰りになる場合の施主挨拶
「本日は、お心のこもったお勤めをして頂きましてありがとうございました。些少ではございますが、これはお礼でございます。どうぞお納め下さい。どうか今後とも宜しくお願い申し上げます。」

例)僧侶も会食に同席された場合の施主挨拶
「本日は、お心のこもったお勤めをして頂きましてありがとうございました。またお忙しい中を最後までお付き合い頂きありがとうございました。些少ではございますが、これはお礼でございます。どうぞお納め下さい。どうか今後とも宜しくお願い申し上げます。」など。
4.年忌法要と会食がすべて終了するときの施主の挨拶
  ・会食が一段落したら、会の終わりを知らせます。

[会食(お齋)がお開きになるときの、一言挨拶の例]
(その1 お土産がないとき)
「本日はお忙しい中を最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。そろそろお時間となりましたので、これにてお開きとさせて頂きたいと存じます。
これからも変わらぬご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
本日はまことにありがとうございました。どうぞお忘れ物の無いようにお気を付けてお帰り下さいませ。

(その2 お土産があるとき)
「本日はお忙しい中を最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。そろそろお時間となりましたので、これにてお開きとさせて頂きたいと存じます。
これからも変わらぬご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
ささやかではございますが、お手元にお礼の品をご用意いたしました。お荷物になってしまい恐縮でございますが、どうぞお忘れ物の無いようにお気を付けてお帰り下さいませ。本日はまことにありがとうございました。

参列者の服装

(1)法事(初七日、四十九日、初盆、一周忌の頃まで)の会葬者・参列者の服装
会葬者・参列者 男性 (初七日、四十九日、初盆、一周忌の頃まで)
  参列者の服装 ポイント
[男性]四十九日、初盆、
一周忌の基本的な服装
●スーツ(喪服・略礼服)…黒
●ネクタイ…黒
●ワイシャツ…白
●靴下…黒
●靴…黒
●その他…光るものはNG(金時計や金色のネックレス、大きく目立つ金色のベルトのバックル、爬虫類のベルトなどは不可です)

◎参列者は、一周忌(または初盆)の頃までの法事・法要に参列する際には略式礼服、喪服を着用します。

ワイシャツは白で、スーツ、ネクタイ、靴下、靴はすべて黒となります。スーツはシングル・ダブルのいずれでも構いません。

◎ポケットチーフは入れないか、真っ白のいずれかになります。

[冬]
◎皮ジャンなど皮革製品は殺生を連想するためNGとされます。
コートを着用して行った場合には、会場に入る前に脱ぐのがマナーです。自宅で法要が営まれる場合には、玄関に入る前に脱ぎます。会場内での寒さ対策は、アンダーウエアをしっかり着るか、使い捨てカイロなどを活用してください。
会葬者・参列者 女性 (初七日、四十九日、初盆、一周忌)
  参列者の服装 ポイント
[女性]四十九日、初盆、
一周忌の基本的な服装
●黒の喪服(ワンピース、スーツ、アンサンブルなど)
●ストッキング…黒
●靴…黒(パンプスが基本。サンダル、ミュールなどのつま先が出るものはNG)
●バッグ…黒(ゴールドなどの装飾のないもの)
●その他…光るものはNG(アクセサリーで許されるのは結婚指輪やパール、オニキスなどです。黒の髪飾りもOK)

◎参列者は、一周忌(または初盆)の頃までの法事・法要に参列する際には略式礼服、喪服を着用します。

[夏]
◎ 夏であっても露出の多い服はNG。生足も避け、黒ストッキングを着用して下さい。

[冬]
◎毛皮や皮革製のコートやジャケットの着用は殺生をイメージするためNGとされています。
ブーツは本来のマナー上はNGなのですが、厳寒期の法事・法要に参列する場合などに着用するケースもあります。但し、本来は履き替え用の黒い靴を持参し、会場に付く直前に履き替えるのが良いと思います。

◎コートを着用して行った場合には、会場に入る前に脱ぐのがマナーです。自宅で法事法要が営まれる場合には、玄関に入る前に脱ぎます。
会葬者・参列者 子供・学生 (初七日、四十九日、初盆、一周忌の頃まで)
  参列者の服装 ポイント
[子供・学生]四十九日、初盆、
一周忌の基本的な服装
●制服がある場合には制服
●制服が無い場合には…
男の子はブレザーとズボン、白いシャツ。黒、紺、グレーなどのものを着用。
女の子はブレザーとスカート。ワンピースなどもOK。白いブラウス、黒、紺、グレーなどのものを着用。
●靴…黒。無ければ学生らしい白、紺、黒のスニーカーはOK。派手な色は避ける。
◎学校指定の制服がある場合には制服を着用します。

◎親族以外の参列者は、赤ちゃんは連れていかない方が無難です。

◎子供であってもあまりにもカジュアルな服装や派手な色彩はNGです。

[夏]暑い季節でもあまり露出の多い服装はさけるようにします。はだしは不可。ソックスを履くようにします。
靴もサンダル、ミュールなどは不可です。

[冬]
◎コートを着用して行った場合には、会場に入る前に脱ぐのがマナーです。自宅で法事法要が営まれる場合には、玄関に入る前に脱ぎます。

納骨式の流れと挨拶

仏教「納骨式の流れ」
式次第 仏教の納骨式解説
下記は、忌明け法要に引き続いて納骨式を行う場合の進行例です。
[忌明け法要]
  納骨式に先立ち、忌明けの法要(四十九日の法要)を行います。
1.施主の挨拶
  施主が、忌明けの法要が終わったことのお礼を述べ、参列者に墓地への移動を促します。

[※施主の挨拶の文例・例文]

皆様、おかげさまで無事に忌明けの法要を済ませることができました。
引き続き納骨式(または納骨法要)を予定しておりますので、ご参列いただける方は順次墓地の方へ移動をお願いいたします。
一旦、入り口横で集合してから一緒に移動したいと思いますのでご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

[下記は付け足し文の例1]
この後、別室にて簡単な茶菓を用意いたしております。納骨式に参列されない方もどうぞ一息ついて頂き、ゆっくりと故人を忍んで頂ければと存じます。
本日はまことにありがとうございました。

[下記は付け足し文の例2]
なお、本日は墓地の日差しが大変強くなっており、厳しい暑さが予想されます。ご気分のすぐれない方はどうぞご無理をなさらず、控え室でお休み頂ければと存じます。宜しくお願い申し上げます。
2.お墓の周辺をきれいにする
  お墓の周りをきれいにする(雑草を取る)。
墓石に水をかけて浄める。
お花(供花)や、お供え物を置く。

[お供え物の例]…お菓子、果物、お酒など。
但し、お供え物は納骨式が終わった後で持ち帰るように指示されるケースが増えていますので、持ち帰りのできるものにします。またお供え物を置くスペースの広さにも配慮しましょう。また、お酒をお供えすること自体が禁止されている墓地もあります。

※参考…納骨式の準備
3.僧侶による読経
  墓前で僧侶による読経が行われます。
4.参列者による焼香
  遺族が順番に焼香を行います。施主が最初に行い、他の遺族は故人と縁が深かった人から順に焼香します。
5.納骨・埋骨
 

墓地の場合には、お墓のカロートをあけてもらい、施主が遺骨を納骨します(骨壷のまま入れるか、納骨袋で納めるのかは事前に要確認)。

ちなみに、石材店の広告などでカロートとカタカナで表記されることが多くなっているのですが、カロートとは「かろうと」または「からひつ」が正しく「屍櫃」と書きます。
墓石の下の納骨する部分のことをさし、納骨棺とも呼ばれます。

納骨堂の場合には、決められたスペースに遺骨を納めます。

6.僧侶による読経
  納骨ののち、再び僧侶による読経が行われます。
7.参列者による焼香
  再び遺族が順番に焼香を行います。
8.施主による挨拶
 

施主が、納骨式が終わったことのお礼を述べ、会食(お斉)がある場合には参列者に会場への移動を促します。

[※施主の挨拶の文例・例文]

おかげさまで無事に納骨を済ませることができました。
ありがとうございました。故人もようやく落ち着いたことと思います。

この後、別会場にて粗宴を用意いたしております。入り口脇にお集まり頂いたのちに、バスでの移動となります宜しくお願い申し上げます。
本日はお忙しい中をお集りいただきまして誠にありがとうございました。
上記のように忌明けの法要のあとで納骨式を行うのが一般的ですが、この日に納骨を行わない場合でも遅くとも死後一年以内に納骨をします。

[納骨式の案内]
例えば四十九日の法要を行う際などに、合わせて案内をするのが良いでしょう。案内状の文例を、別ページで紹介します。

[開眼法要•開眼供養]
新しいお墓を用意した場合には、開眼供養あるいは開眼法要という儀式を行います。普通は納骨式と同じ日に行うこともできますのでお寺に相談してみてください。

[浄土真宗の納骨式]
浄土真宗の納骨式の流れもだいたい上記と同じです。もし新しいお墓を用意した場合には、開眼法要にあたる「建碑法要(けんぴほうよう)」という儀式を行います。墓前にはお線香、お花、お供物などを持参します。納骨式の準備のページをご参照ください。

香典お返し(ランキング)

香典お返し ランキング(人気ランキング)
調査年度 平成19年 サンプル数 159名 調査対象の性別 女性 
結婚時の年齢20代64.8%,30代以上35.2%
順位 香典お返し品
(複数回答)
回答者のコメントより抜粋
1 カタログギフト ・引出物もカタログギフトにしたので、お招きできなかった方にもカタログギフトでお返しをした。
・頂いた金額に応じていくつかのランクのカタログギフトを使い分けました。
2 グルメカタログ ・自分がもらった時に嬉しかったので。
・相手の好みがわからなかったので、助かりました。
3 食品、果物、
スイーツ
・お米が縁起が良いと聞きこだわりのお米を贈りました。
・地元の特産物を詰め合わせにして贈りました。
4 食器 ・ホームパーティーなどに使いやすい大皿を贈りました。
番外 ホテルの食事券 ・ご夫婦で愉しんでいただけるように先方の近くのホテルで使える食事券を贈りました。
お酒 ・お酒がお好きな方なので、迷わずお酒に決めました。
ハンカチ ・職場の人たちからお祝いを頂いたので、お返しには実用品をと思い、ハンカチを選びました。女性たちにはお揃いのデザインのものを渡し、結構好評でした。ハンカチを見ると思い出すそうです。
高級タオル ・タオルは定番ですが、こだわりの高級タオルをチョイスしました。自分が使ってみてすごく良いと思ったので。

1位カタログギフト 凛 紫陽花(あじさい)

 

2位グルメカタログギフト美味工房 SDコース

 

3位カゴメフルーツ+野菜飲料ギフト

 

4位ノリタケレースウッドゴールド マグカップペアセット

 

番外1賀茂鶴特製ゴールド賀茂鶴 1.8L

 

番外2イルムスキッズ フェイスタオルハンカチセット

 

番外3 今治産 日本のタオル フェイスタオル ピンク

 

 

 

 
 

続きはこちらから  top  お買い物ページはこちらから

||||||||||||||||| |10||11||12||13||14||15||16||17