アクセスカウンタ   |お買い物情報| |ダイエット| |今日の天気| |美容| |お買い物情報pTOPメール掲示板結婚式場profileリンクサイトマップ 
皆様お元気ですか?冠婚葬祭は人生の大きな出来事です。どうぞお立ち寄り下さい。

p

おつき合いの中で、スピーチを依頼されたり挨拶をすることがありますね。
このページでは、 結婚披露宴での新郎の挨拶や、新郎新婦の親族代表の挨拶(謝辞)。
主賓や来賓、 友人からの祝福のスピーチ(祝辞) について、
マナーや挨拶文の文例・ 例文をわかりやすく紹介しています。

 

 

 

 

p

 

新郎の挨拶

構成 ポイント 文例・例文
1. 結婚式・披露宴の出席者へのお礼の言葉  本日はお忙しい中を、私たちのためにお集り頂きましてありがとうございました。
本日ご媒酌の労をお取り頂きました○○様ご夫妻にも心より御礼申し上げます。*1  

出会ってから○年、ようやくこの日を迎えることができました。 先ほどより皆様からお心のこもったご祝辞や温かい励ましのお言葉を頂戴し、私たち二人とも言葉にならないほど感激いたしております。

皆様から頂いたお言葉を忘れず、二人で助け合って笑顔のあふれる明るい家庭を築いていきます。
未熟な私たちですがどうぞこれからもご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

本日はまことにありがとうございました。
2. 媒酌人へのお礼の言葉
3. 今日の気持ち、喜びの言葉など
4. 新生活に対する決意の言葉
5. 今後の指導や支援をお願いする言葉

 

新郎の挨拶2

構成 ポイント 文例・例文
1. 結婚式・披露宴の出席者へのお礼の言葉  本日はお忙しい中を、また、足もとのお悪い中を*2 私たちのためにお集り頂きましてありがとうございました。
また、○○様ご夫妻にはご媒酌の労をお取り頂き大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。*3  

さきほど当ホテル内チャペルにて、念願の結婚式を挙げ、今こうして皆様に互いの伴侶を紹介し、お心のこもったご祝辞や温かい励ましのお言葉を頂戴することができ、私たち二人とも言葉にならないほど感激いたしております。

本日スタート台に立ったばかりの私たちですが、今日のこの感激と、皆様から頂いたお言葉を忘れず、二人で助け合って明るい家庭を築いていきます。
未熟な私たちですがどうぞこれからもご指導のほど宜しくお願い申し上げます。

本日はまことにありがとうございました。
2. 媒酌人へのお礼の言葉
3. 今日の気持ち、喜びの言葉など
4. 新生活に対する決意の言葉
5. 今後の指導や支援をお願いする言葉

新郎謝辞のポイント

お礼の言葉を挨拶文に必ず盛り込む
  1-1. 結婚式・披露宴の出席者へのお礼の言葉 忙しい中を時間を割いて、披露宴の席に出席して頂いたことへのお礼を述べる
1-2. 媒酌人へのお礼の言葉 新郎新婦の縁を取り持って頂いたことへのお礼として、媒酌の労に対するお礼の言葉を述べる

※父親の謝辞がある場合には、父親が媒酌人へのお礼を述べるため、新郎の挨拶からは媒酌人へのお礼の言葉は省略されることもある
1-3. 祝辞や励ましの言葉へのお礼 披露宴の席で頂戴したお祝いの言葉や、励ましの言葉などに対するお礼を述べる
2.新生活に対する決意と、今後の支援をお願いする言葉を入れる
  2-1. 新生活に対する決意の言葉 夫婦生活への決意を述べる
2-2. 今後の指導や支援をお願いする言葉 新郎・新婦個人としでではなく、夫婦になってからも、指導や支援をお願いする言葉を述べる
3.その他のポイント
  3-1. 自分達の気持ちを入れる 結婚した喜びや、祝辞を頂いて嬉しい気持ちなどを述べると良い
3-2. 挨拶はあまり長くならないように 宴の最後の言葉です。出席者も疲れてくる頃なので、あまり長くなり過ぎないようにします。

 

新郎謝辞の構成(新郎の挨拶の流れ)

構成 ポイント 文例・例文
1. 結婚式・披露宴の出席者へのお礼の言葉 ・本日はお忙しい中、私どものためにお集り頂きましてありがとうございました。
2. 媒酌人へのお礼の言葉 ・媒酌の労をおとり頂いた○○様ご夫妻には心より御礼申し上げます。
3. 今日の気持ち、喜びの言葉など [この部分で感動を表わしたり、個性を表現したりします]

・身に余るご祝辞を頂戴し、感激いたしております。

・ようやくこの日を迎えることができた歓びでいっぱいです。

・皆様からお心のこもったご祝辞を頂戴し、感謝の念に耐えません。
4. 新生活に対する決意の言葉 ・未熟な私たちですが二人で助け合って明るい家庭を築いていきます。
5. 今後の指導や支援をお願いする言葉

最後に結びとしてお礼の言葉も忘れずに
・どうぞこれからもご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

・本日はまことにありがとうございました。

 

新郎の父謝辞2

1. 自己紹介
 新郎の父○○○○でございます。○○家、□□家、両家を代表致しまして、一言お礼のご挨拶を申し上げます。
本日はお忙しい中を、息子夫婦のために沢山の方にお集り頂きまして本当にありがとうございました。
また、○○様御夫妻には、本日の媒酌の労をおとりいただきまして、まことにありがとうございました。両家を代表致しまして心よりお礼を申し上げます。
 先ほどより皆様から沢山のお祝いのお言葉を頂戴し、親として本当に嬉しく、そして有り難く思っております。二人に代わりまして厚く御礼を申し上げます。
 本日人生の新しいスタート地点に立った息子夫婦ではございますが、これからも皆様のお力をお借りし、ご指導を仰ぐ機会が多々あることと存じます。どうかこれからも温かく厳しいご支援・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。
 ご出席を賜りました皆様のご健勝と御多幸をお祈りいたしまして、親族代表のお礼の挨拶とさせて頂きます。
本日はまことにありがとうございました。
2.
結婚式・披露宴の出席者へのお礼の言葉
3.
媒酌人へのお礼の言葉
4.
今日の気持ち、喜びの言葉など
5.
今後の指導や支援をお願いする言葉
6. 結びの挨拶

 

親族代表の挨拶文

1. 自己紹介
 新郎の叔父にあたります○○○○でございます。新郎の父に代わりまして○○家、□□家、両家を代表致しまして、一言お礼のご挨拶を申し上げます。
本日はお忙しい中を、甥の○○夫婦のためにお集り頂きまして本当にありがとうございました。
また、○○様御夫妻には、本日の媒酌の労をおとりいただきましたこと、両家を代表致しまして心よりお礼を申し上げます。
 先ほどより皆様から沢山のお祝いのお言葉を頂戴し、感謝の念に耐えません。二人に代わりまして厚く御礼を申し上げます。そしてもし兄がこの場におりましたらきっと涙を流して歓んでいることだろうと思います。親族として本当に嬉しく、そして有り難く思っております。
私は小さい頃から○○の成長を見て参りましたが、子供ながら弱音を一切吐かない、感情を表に出さないようなところがあり、子供らしさがないのが心配だと義姉から相談を受けたことがあります。
しかしながら今日の○○の嬉しそうな表情を見ておりますと、彼が心の底から幸せを感じている様子が伝わって参りました。こうして皆様から祝福のお言葉も頂戴し、本当に良いご縁に恵まれて幸せだと思うと共に亡き兄にも良い報告ができると私自身も安堵したところです。
 本日晴れて夫婦となりました○男、○子ではございますが、これからも皆様のお力をお借りし、ご指導を仰ぐ機会が多々あることと存じます。どうかこれからも温かく厳しいご支援・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。
 ご出席を賜りました皆様のご健勝と御多幸をお祈りいたしまして、親族代表のお礼の挨拶とさせて頂きます。
 本日はまことにありがとうございました。
2.
結婚式・披露宴の出席者へのお礼の言葉
3.
媒酌人へのお礼の言葉
4.
今日の気持ち、喜びの言葉など
5.
今後の指導や支援をお願いする言葉
6. 結びの挨拶

 

主賓・来賓のお祝いの言葉

構成 ポイント 文例・例文
1. 自己紹介

・ただいまご紹介にあずかりました株式会社サンプル商事の見本一朗でございます。新郎の勤務先の代表を勤めております。

○男くん、△子さん、結婚おめでとう。ご両親ならびに両家のご親族の皆様にも心よりお祝いを申し上げます。

・私が新郎と初めて会ったのは、入社式の日です。学生時代に応援団で鳴らしたという彼は、その日に行われた懇親会の席で、新入社員を代表して全社員へのエールを送ってくれました。
会社としてはいちばん厳しい時期でしたが、入社したばかりの若者がキリッと鉢巻きをし、顔を真っ赤にして大声で社名を連呼する姿にジーンと心を動かされました。一本気の人柄、物おじしない態度と相まって、それ以来、社内でも社外でも非常に皆から可愛がられる存在になっています。
○男くんであれば、新婦のみならず、□□家のご両親やご家族にもきっと愛され、信頼される存在となるであろうと、私も安心しております。

・今日から始まる結婚生活には、いろんなことがあるでしょう。しかし○男くん、△子さん、ぜひとも今日の感動を忘れずに、二人で力を合わせて明るい家庭を築いていってください。

・新郎新婦ならびに、御両家の皆様の末長いお幸せを祈念いたしまして、私からのお祝いの言葉とさせていただきます。 本日はまことにおめでとうございました。

2. 新郎新婦へのお祝いの言葉、
両家の両親や親族へのお祝いの言葉
3. 新郎(または新婦)の人柄がわかるエピソード
4. 結婚生活に対する祝福や励ましの言葉
5. 結びの挨拶

結婚式での主賓・来賓のマナー

当日の心得
1.会場には30分前に到着する 【式場】
・結婚式場または披露宴会場には、できるだけ30分前には到着しているようにします。

・必要であれば着替えを済ませ、かさばる荷物については、クロークなどに預けます。
【受付】
・会場についたら、なるべく早めに受付を
済ませておきます。
結婚祝い(現金の御祝儀)を差し出す時には、
自己紹介だけでなく、一言お祝いの言葉を添えるのが
マナーです。熨斗袋の向きを変えて、受付係からみて
正面 にくるようにして渡します。

【受付でのあいさつ例】
「新郎と同じ職場の○○でございます。本日はまことに
おめでとうございます」など
【開宴まで】
・ウェイティングバーや、待ち合い室では、あまりお酒を飲み過ぎないようにします。(他の招待客たちと和やかに歓談をしながら披露宴会場の準備が整うのを待ちます。)

・新郎や新婦の親族などがご挨拶に見えたら、簡単に自己紹介と挨拶をします。

【親族へのあいさつ例】
「本日はまことにおめでとうございます。新郎と同じ職場の○○○○と申します。いつも○○君にはお世話になっております。 」
「本日はお招きに預かりましてありがとうございます。新郎の○○君と同じ大学の○○と申します。このたびはまことにおめでとうございます。」など。
披露宴の席でのマナー
1.入場

係の指示に従って、すみやかに入場します。
入り口で、新郎新婦や、両家の両親が出迎えをしている

場合(いわゆる金屏風の前でのお迎え)、新郎新婦、御媒酌人、ご両親それぞれにひとことお祝いのご挨拶をします。
席次表を渡されますので、自分の席について静かに開宴を待ちましょう。
【一言あいさつの例】
「ご結婚おめでとうございます。
お似合いの御夫婦ですね。」
「おめでとうございます。ご両親様もお幸せでいらっしゃいますね。」
「ご結婚おめでとうございます。お招き頂きましてありがとうございました。」
「おめでとうございます。今日は花嫁さんに会うのを楽しみにしてまいりました」 など

2.洋食コースの場合、お酒をお酌してまわる必要はない ビール壜などを持ってテーブル間をお酌してまわる必要はありません。
座が乱れる原因になることもありますし、コース料理の場合なら、料理が順番に運ばれてきますので着席したままのほうが良いでしょう。
また、 披露宴会場には、お酒をサービスするためのスタッフがいます。
3.新郎に無理にお酒をすすめない 新郎新婦にとって人生の一大イベントです。あまりお酒をすすめ過ぎないようにしましょう。
披露宴のお開きの後でのマナー
1.退場 出口で、新郎新婦や、両家の両親が見送りをしている場合(いわゆる金屏風の前でのお見送り)、新郎新婦、御媒酌人、ご両親それぞれにひとことお祝いとお礼のご挨拶をします。

【一言あいさつの例】
「今日はとても素敵な時間を過ごすことができました。これからもどうぞお幸せに。」
「おめでとうございます。お二人から幸せのおすそ分けをいただいたような気がします。お幸せに」
「本日はお招きにあずかりましてありがとうございました。お二人ともどうぞお幸せに」 など

 

友人や同僚の祝辞文例

構成 ポイント 文例・例文
1. 自己紹介

 ただいまご紹介にあずかりました○○高校教員の見本一郎でございます。新郎とは学生時代からの友人であり、また同じ趣味を持つ釣り仲間でもあります。

○男くん、△子さん、結婚おめでとう。ご両親ならびに両家のご親族の皆様にも心よりお祝いを申し上げます。

私が新郎と初めて会ったのは、高校1年の時です。帰宅時の方角が一緒なのでよく同じバスに乗り合わせました。当時の私は、やっと志望校に入学できて、これから三年間思いきり遊ぼうとウキウキしていましたが、「将来何になりたいかを決めてから三年間を過ごせ」と、親からも言われないようなシブイことを15歳の同級生から言われてびっくりしたことを覚えています。

彼自身は早い時期から親父さんの会社を継ぐことを決めていたみたいで、本来は文系が得意なはずなのに、苦手科目をいとも簡単に克服して理系の大学に進学しました。「芯が一本通 っていて、絶対にぶれない」…これが、彼の人物像です。
同じ歳の私が言うのもナンですが、 とにかく若いうちから周囲の他の友人たちとは少し違っていました。先をみてから今をどう過ごすべきかを常にかんがえていました。○男くんであれば、きっと若い人だけでなく年配の人からも信頼され、ゆくゆくは親父さんのあとを安心して任せられる存在になるであろうと、心から信じております。

今日から始まる結婚生活には、いろんなことがあるでしょう。しかし△子さん、彼のやることには必ず理由があります。どんなときも彼を信じ、時には内助の功で助けてあげてください。お二人であれば必ず素晴しい家庭を築かれることと思います。

お二人の末長いお幸せと、ご両家のご発展を祈念いたしまして、私からのお祝いの言葉とさせていただきます。 本日はまことにおめでとうございました。

2. 新郎新婦へのお祝いの言葉、
両家の両親や親族へのお祝いの言葉
3. 新郎(または新婦)の人柄がわかるエピソード
4. 結婚生活に対する祝福や励ましの言葉
5. 結びの挨拶

 

結婚披露宴の乾杯の挨拶

例文1
太郎君、花子さん、ご結婚おめでとうございます。
両家のご親族の皆様にも合わせてお祝いを申し上げます。
それでは乾杯の音頭を取らせて頂きますので、皆様ご唱和をお願いします。
新郎新婦の末永いお幸せとご両家ならびにご臨席の皆様のご多幸を祈念いたしまして、乾杯!
例文2
次朗君、雪子さん、結婚おめでとう。
次朗君とは彼が入社して以来のつきあいとなりますが、彼が雪子さんを紹介してくれてからは、一緒に釣りに行ったり、バーベキューをしたりと家族ぐるみの付き合いをしています。数カ月前に彼がようやくプロポーズしたと聞いて一番喜んだのは私の家族かもしれません。二人は本当にお似合いの素敵なカップルだと思っています。これからもぜひ変わらぬ おつきあいをお願いします。
それでは乾杯の音頭を取らせて頂きますので、皆様ご唱和をお願いします。
お二人の末永いお幸せをお祈りいたしまして、乾杯!
例文3

三太君、弘子さん、ご結婚おめでとうございます。
お二人のご両親様にも心よりお祝いを申し上げます。
それでは皆様ご唱和をお願いします。
新郎新婦の末永いお幸せと両家の発展をお祈りいたしまして、乾杯!

 

結婚式二次会の乾杯の挨拶

例文1
太郎君、花子さん、結婚おめでとう。
披露宴では二人とも高砂席に座っていてなかなか本音を引き出すことができませんでしたが、この会ではざっくばらんにノロケも本音も聞いてみたいと思っています。
それではみなさん、乾杯の音頭を取らせて頂きますので、ご唱和をお願いします。
太郎、花子さん夫婦の前途を祝して、乾杯!
例文2
次朗君、雪子さん、結婚おめでとう。
二次会ということで、新郎新婦のごく親しい友人を中心に集まって
頂きました、 ぜひ肩の力をぬいて愉しくにぎやかに過ごしたいと思います。
まずは乾杯の音頭を取らせて頂きます。皆様ご唱和をお願いします。
お二人の末永いお幸せをお祈りいたしまして、乾杯!
例文3

三太君、弘子さん、結婚おめでとう。
ここからは二次会ということで、我々友人たちがいかに新郎新婦を大切に思っているかを表わしていきたいと思っています。同時に新郎新婦からは、結婚披露宴では聞きだせなかったアレとか、コレとか…いろんな本音を聞き出す会にしたいと思っています。
まずはお約束の乾杯の音頭を取らせて頂きます。皆様ご唱和をお願いします。
お二人の幸せな門出を祝して、乾杯!

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

p

 

新郎新婦の謝辞

構成 ポイント 文例・例文
1. 結婚式・披露宴の出席者へのお礼の言葉 【新郎】
本日はお忙しい中を、私たちのためにお集り頂きましてありがとうございました。
ご媒酌の労をお取り頂きました○○様ご夫妻には本当に細やかなお心配りを頂き、心より感謝しております。*4  

【新郎】
また、皆様より温かいご祝辞や励ましの言葉を頂戴し、二人とも言葉にならないほど感激いたしております。

【新婦】
私も皆様にこうして祝福していただける幸せをかみしめるとともに、私たち二人を慈しみ育ててくれた二人の両親への感謝の気持ちを新たにしております。

【新郎】【新婦】
皆様から頂いたお言葉を忘れず、二人で助け合って笑顔のあふれる明るい家庭を築いていきます。
未熟な私たちですがどうぞこれからもよろしくご指導下さいますようお願い申し上げます。

本日はまことにありがとうございました。
2. 媒酌人へのお礼の言葉
3. 今日の気持ち、喜びの言葉など
4. 新生活に対する決意の言葉
5. 今後の指導や支援をお願いする言葉


新婦の挨拶文(謝辞)

構成 ポイント 文例・例文
1. 結婚式・披露宴の出席者へのお礼の言葉  本日はお忙しい中を、沢山の方にお集り頂きましてありがとうございました。

先ほどより皆様からお心のこもったご祝辞や温かい励ましのお言葉を頂戴し、こうして両親がよろこんでくれている様子を見て私たち二人とも言葉にならないほど感激いたしております。

昨日の夜、「明日は早いから」と、ずいぶん早く寝てしまった父が、夜中に「眠れない」と起きて来て一人でお酒を飲んでいたそうです。
皆さんの前ではこんな風にすましていますが、私の知らなかった父の姿を今朝母から聞いて、余計に胸が一杯になりました。

両親に慈しみ育ててもらった愛情と、皆様から頂いたお言葉を忘れず、二人で助け合って笑顔のあふれる家庭を築いていきます。
未熟な私たちですがどうぞこれからもご指導のほど宜しくお願い申し上げます。

本日は本当にありがとうございました。
2. 媒酌人へのお礼の言葉
(新郎が述べた場合は省略しても良い)
3. 今日の気持ち、喜びの言葉など
4. 新生活に対する決意の言葉
5. 今後の指導や支援をお願いする言葉

新婦の挨拶文(謝辞)2

構成 ポイント 文例・例文
1. 結婚式・披露宴の出席者へのお礼の言葉  本日はお忙しい中を、また遠いところをお集り頂きましてありがとうございました。
また、○○様ご夫妻にはご媒酌の労をお取り頂き大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。*1  

大好きな人のお嫁さんになるのが、子供の頃からの夢でした。さきほど念願の結婚式を挙げ、今こうして皆様からお心のこもったお祝いのお言葉を頂戴することができ、言葉にならないほど
感激いたしております。

夫婦としてスタート台に立ったばかりの私たちですが、今日のこの感激と、皆様から頂いたお言葉を忘れず、二人で助け合って明るい家庭を築いていきます。
未熟な私たちですがどうぞこれからも
ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。

本日はまことにありがとうございました。
2. 媒酌人へのお礼の言葉
3. 今日の気持ち、喜びの言葉など
4. 新生活に対する決意の言葉
5. 今後の指導や支援をお願いする言葉

新郎新婦の謝辞

構成 ポイント 文例・例文
1. 結婚式・披露宴の出席者へのお礼の言葉 【新郎】
本日はお忙しい中を、私たちのためにお集り頂きましてありがとうございました。
ご媒酌の労をお取り頂きました○○様ご夫妻には本当に細やかなお心配りを頂き、心より感謝しております。*2  

【新郎】
また、皆様より温かいご祝辞や励ましの言葉を頂戴し、二人とも言葉にならないほど感激いたしております。

【新婦】
今日は「大好きな人のお嫁さんになる」という、子供の頃からの夢がかなって、感激で一杯です。また、皆様からこうして祝福していただけることを心から幸せだと思っています。

【新郎】【新婦】
皆様から頂いたお言葉を忘れず、二人で助け合って笑顔のあふれる明るい家庭を築いていきます。そして、育ててくれた両親にもこれからは少しずつ恩返ししてまいりたいと思います。
未熟な私たちですがどうぞこれからもよろしくご指導下さいますようお願い申し上げます。

本日はまことにありがとうございました。
2. 媒酌人へのお礼の言葉
3. 今日の気持ち、喜びの言葉など
4. 新生活に対する決意の言葉
5. 今後の指導や支援をお願いする言葉

 

新郎の父謝辞

1. 自己紹介
 新郎の父○○○○でございます。○○家、□□家、両家を代表致しまして、一言お礼のご挨拶を申し上げます。
本日はお忙しい中を、沢山の方にお集り頂きましてまことにありがとうございました。
また、本日の媒酌の労をおとりいただきました○○様御夫妻には、両家を代表致しまして心よりお礼を申し上げます。
 本日皆様から沢山のお祝いのお言葉を頂戴し、親としてこれほど嬉しいことはございません。
皆さんに可愛がって頂き、共に歓んで頂けたことが、息子夫婦にとって何よりの幸せだと思っております。
 本日人生の新しいスタート地点に立った二人ではございますが、親の目から見ますと、まだまだ未熟で、半人前の夫婦でございます。どうかこれからも温かく厳しいご指導のほど宜しくお願い申し上げます。
ご臨席の皆様のご健勝と御多幸をお祈りいたしまして、親族代表のお礼の挨拶とさせて頂きます。
本日はまことにありがとうございました。
2.
結婚式・披露宴の出席者へのお礼の言葉
3.
媒酌人へのお礼の言葉
4.
今日の気持ち、喜びの言葉など
5.
今後の指導や支援をお願いする言葉
6. 結びの挨拶

 

主賓・来費の祝辞

構成 ポイント 文例・例文
1. 自己紹介 [新郎の勤め先の社長の場合の例1]
・ただいまご紹介にあずかりました株式会社サンプル商事社長、見本一朗でございます。

※社長、部長、支店長といった役職/肩書きの部分については、司会者が主賓や来賓から祝辞を頂戴する際に詳しく述べる(紹介する)ため、多少は省略しても良いでしょう。

[新郎の勤め先の社長の場合の例2]
・ただいまご紹介にあずかりました新郎の勤務先、株式会社サンプル商事の見本一朗でございます。

[新郎の勤め先の社長の場合の例3]
・新郎の勤務先、株式会社サンプル商事の見本一朗と申します。

[新郎の勤め先の支店長の場合の例]
・ただいまご紹介にあずかりました株式会社サンプル商事の見本一朗でございます。新郎が勤務する京都支店の支店長を相勤めております。

[新郎の恩師の場合の例]
・サンプル大学の見本一朗でございます。新郎は私の教え子の一人でございまして、私は彼の卒論の指導教官を相勤めました。

[新婦の恩師の場合の例]
・新婦が高校三年のとき担任を勤めました見本一朗でございます。
2. 新郎新婦へのお祝いの言葉、
両家の両親や親族へのお祝いの言葉

・○男くん、△子さん、本日はご結婚おめでとうございます。○○家ならびに□□家のご両親様、またご家族ご親族の皆様にも心より

お祝いを申し上げます。
・まずは、本日めでたくご結婚された○男くん、△子さん、そして今日までお二人を

立派に育てて来られたご両親に心より

お祝いを申し上げます。
・○男くん、△子さん、結婚おめでとう。

ご両親ならびに両家のご親族の皆様にも

心よりお祝いを申し上げます。

3. 新郎(または新婦)の人柄がわかるエピソード ・新郎の○男くんは、入社以来、○○プロジェクトひと筋に担当して参りました。今やその中核として、無くてはならない存在となっています。
当社にもいろいろなタイプの人間がおりますが、彼の持ち前の明るさは皆から愛され、先輩からの信頼も厚く、また後輩からも頼りにされています。
○男くんであれば、新婦のみならず、□□家のご両親やご家族にも愛され、信頼される存在であろうと、私も安心しております。
4. 結婚生活に対する祝福や励ましの言葉 ・これからは夫婦二人、助け合って明るい家庭を築いていって下さい。

・今日のこの感動をいつまでも忘れず、幸せなご家庭を築いて下さい。
5. 結びの言葉 ・以上をもちまして、私からのお祝いの言葉とさせていただきます。
本日はまことにおめでとうございました。

・お二人の末長いお幸せを祈念いたしまして、私からのお祝いの言葉とさせていただきます。本日はまことにおめでとうございます。

・新郎新婦ならびに、御両家の皆様の末長いお幸せを祈念いたしまして、私からのお祝いの言葉とさせていただきます。

 

主賓・来賓の祝辞文例

構成 ポイント 文例・例文
1. 自己紹介

・ただいまご紹介にあずかりましたサンプル大学□□学部の見本一朗でございます。新郎は私の教え子の一人でございまして、私の研究室には通 算3年間おりました。

まずは、本日めでたくご結婚された○男くん、△子さん、そして今日までお二人を立派に育てて来られたご両親に心よりお祝いを申し上げます。

・新郎が学生時代に研究していたテーマは「甘味の受容体について」というものでした。「甘さ」の質やレベルと生態の部位 および脳 の反応との関係を調べるものです。
難しい課題に取り組む時、まずは全体像を把握した上で仮説をたて、検証を積み上げていくという作業が研究者には欠かせないプロセスとなります。

いろいろな学生がいる中で、新郎の○○君の絶対的な特徴としては、「抜群にセンスが良い」ということです。ある意味で鼻が効く、とでも申しましょうか…宝の山(研究者にとっての回答や新発見)がどの方向に隠れているのかを本能的に感じ取る能力に長けているようです。
おそらく新婦の△子さんも、そうした抜群の嗅覚で探し当てた理想の伴侶なのでしょう。最初に新郎から新婦を紹介されたときの彼の自信に溢れた表情を見て、私はそう確信いたしました。

今日から始まる結婚生活には、いろんなことがあるでしょう。新郎におかれましては持ち前の探究心を忘れず、ぜひ幸せな家庭生活を極めて下さい。お二人が力を合わせて明るい家庭を築いていかれることを心よりお祈り申し上げます。

・結びにあたり、新郎新婦ならびに、御両家の皆様の末長いお幸せを祈念いたしまして、私からのお祝いの言葉とさせていただきます。 本日はまことにおめでとうございました。

2. 新郎新婦へのお祝いの言葉、
両家の両親や親族へのお祝いの言葉
3. 新郎(または新婦)の人柄がわかるエピソード
4. 結婚生活に対する祝福や励ましの言葉
5. 結びの挨拶

 

友人や同僚の祝辞

構成 ポイント 文例・例文
1. 自己紹介

[新郎の友人の場合の例1]
・ただいまご紹介にあずかりました新郎の大学時代の友人で、株式会社サンプル商事の見本一朗でございます。

※社長、部長、課長といった役職/肩書きの部分については、司会者が紹介する際に詳しく述べるため、多少は省略しても良いでしょう。

[新郎の友人の場合の例2]
・サンプル商事の見本一朗でございます。新郎は私の高校時代からの友人でございまして、彼は私たち夫婦の縁結びの神でもあります。

[新郎の同僚の場合の例]
・ただいまご紹介にあずかりました新郎の勤務先、株式会社サンプル商事の見本一朗でございます。

[新郎の上司の場合の例]
・ただいまご紹介に預かりましたサンプル商事の見本一夫と申します。新郎の○男君は私の部下にあたります。部下と申しましても4年後輩でございまして、会社が苦しい時も嬉しい時も、共に闘って参りました戦友のようなものでございます。

[新婦の同僚の場合の例]
・サンプル商事の見本花子と申します。新婦とは同期入社で、いつもランチをご一緒したり、親しくさせて頂いております。

2. 新郎新婦へのお祝いの言葉、
両家の両親や親族へのお祝いの言葉
・○男くん、△子さん、本日はご結婚おめでとうございます。○○家ならびに□□家のご両親様、またご家族ご親族の皆様にも心よりお祝いを申し上げます。

・○男くん、△子さん、結婚おめでとう。ご両親ならびに両家のご親族の皆様にも心よりお祝いを申し上げます。
3. 新郎(または新婦)の人柄がわかるエピソード [新郎の友人の場合の例]
・新郎の○男くんは、小学生の頃からずっとサッカーをやっておりまして、部員の中ではいつもまとめ役的な存在でした。皆が精神的に参っていても、あるいは緊張でカリカリしているときも、今何をすべきかを少し大人びた口調で語るのはいつも彼でした。学生時代も、卒業後の今も、我々サッカー部の中核として、無くてはならない存在となっています。
○男くんであれば、周りの皆から信頼され、しっかりした家庭を作り、堅実な人生を歩んでいくことだろうと、私も安心しております。


[新郎の上司の場合の例]
・新郎の○男くんは、私が課長になって初めての春に入社した社員の一人でございます。新人として当課に配属されて参りましたが、持ち前の熱意と明るい性格で皆から可愛がられ、私も自宅にしょっちゅう呼んでは朝まで飲み明かすうちに、今では自分の弟のような気がしております。
うちの子供達もすっかりなついてしまって「今度○男にいちゃんはいつ来るの?」とせがまれまして、家で粗大ゴミ扱いの我が身と引き比べては切ないやら羨ましいやらでございます。
子供たちに好かれるのは、ひょっとすると本人がまだ子供だからか、それとも子供の目線になって一緒に遊ぶからでしょうか。最近は体力的にもすっかり子供について行けない父親としては本当に肩身が狭いのですが、○男くんであれば良い父親になれることは間違いありません。
4. 結婚生活に対する祝福や励ましの言葉 ・これからは夫婦二人、助け合って明るい家庭を築いていって下さい。

・今日のこの感動をいつまでも忘れず、幸せなご家庭を築いて下さい。
5. 結びの言葉 ・以上をもちまして、私からのお祝いの言葉とさせていただきます。
本日はまことにおめでとうございました。

・お二人の末長いお幸せを祈念いたしまして、私からのお祝いの言葉とさせていただきます。本日はまことにおめでとうございます。

・新郎新婦ならびに、御両家の皆様の末長いお幸せを祈念いたしまして、私からのお祝いの言葉とさせていただきます。

 

友人や同僚の祝辞文例(例文)新婦側の例

構成 ポイント 文例・例文
1. 自己紹介

・ただいまご紹介にあずかりました見本花子でございます。友人を代表いたしまして、ひとことお祝いの言葉を述べさせて頂きます。

まずは、本日めでたくご結婚された○男くん、△子さん、そしてお二人のご両親様にも心よりお祝いを申し上げます。

新婦とは、大学の入学式以来、約○年のおつきあいになります。自己紹介で同郷であることを知り、私の方から声をかけました。

私には男の兄弟しかいないので、姉か妹が欲しいとずっと思っていたのですが、△子さんには□子さんという妹さんが実際にいらっしゃるからでしょうか。私にも姉のように優しく接してくれました。
ある日、私が彼氏とハイキングに行くことになり、手作り弁当を作ったことがないというと、献立作りから相談に乗ってくれただけでなく、一度予行演習をしましょうと、材料を買って実際に彼女のアパートで作って試食する段まで付き合ってくれたことがありました。味はもちろん二重マルです。料理上手の△子さんをお嫁さんにできて、○男さんは本当に幸せです。

こうした優しい面だけでなく、真面目で頭の回転が早く、しっかりしているところも周りの人をひきつけます。なぜか彼女と一緒だとまるで魔法にかかったように周囲の人まで明るく積極的になり、引っ込み思案な私も△子さんと一緒に社交ダンスを習いにいったこともありました。うわべだけの才色兼備というのではなく、精神のありようも美しい…△子さんはそんな女性です。
こんな素敵な女性をお嫁さんにできて、○男さんは本当にお幸せだと思います。どうか△子さんを世界一幸せにしてあげてください。

結びにあたり、お二人の末長いお幸せをお祈りいたしまして、私からのお祝いの言葉とさせていただきます。 本日はまことにおめでとうございました。

2. 新郎新婦へのお祝いの言葉、
両家の両親や親族へのお祝いの言葉
3. 新郎(または新婦)の人柄がわかるエピソード
4. 結婚生活に対する祝福や励ましの言葉
5. 結びの挨拶

 

電化製品を贈る

 

 

 

続きはこちらから    TOP        お買い物ページはこちらから

||||||||||||||||||10||11||12||13||14||15||16||17